運賃適用ルールについて
(予約・購入後の運賃額変更について)

航空券は「航空券の購入日において、お客様がご搭乗される日に有効な運賃・料金」が適用されます。そのため、航空券ご購入後にご利用便の運賃額に変更があった場合でも、差額の収受または払戻しは行いません。

  • 予約変更が可能な運賃にて、搭乗日変更により運賃額が変更となる場合(通常期とピーク期をまたぐ場合等)は、差額の収受または払戻しをいたします。

また、航空券をご予約後、購入までの間に運賃・料金が変更された場合、ご購入手続き時点で有効な運賃が適用されるため、ご予約時の運賃・料金と異なる場合がございます。

運賃適用基準日

航空券の運賃額を決定する基準となる日を「運賃適用基準日」と呼びます。運賃適用基準日=航空券を購入した日となります。また、運賃適用基準日は各便に設定されます。

具体例

1.運賃額に変更が生じた場合

 
1)航空券ご購入前
  • 1)10月1日に12月1日ご搭乗分の「IBEX45」を10,000円で予約後、10月2日に運賃額が8,000円へ値下げ。
    10月3日に航空券を購入される場合
予約の変更(予約便と同一区間への変更)
  • 航空券ご購入時の運賃額が適用されるため、8,000円がご購入金額になります。
    • 上記の場合はご予約時とご購入時で運賃額が異なりますので、お支払いの際に再度運賃額をご確認ください。
  • 2)10月1日に12月1日ご搭乗分の「IBEX45」を10,000円で予約後、10月2日に運賃額が12,000円へ値上げ。
    10月3日に航空券を購入される場合
予約の変更(予約便と同一区間への変更)
  • 航空券ご購入時の運賃額が適用されるため、12,000円がご購入金額になります。
    • 上記の場合はご予約時とご購入時で運賃額が異なりますので、お支払いの際に再度運賃額をご確認ください。
2)航空券ご購入手続き後
  • 3)10月1日に12月1日ご搭乗分の「IBEX45」を10,000円で購入後、11月1日に運賃額が12,000円へ値上げ。
    12月1日にご搭乗される場合
予約の変更(予約便と同一区間への変更)
  • 航空券ご購入時の運賃額が適用されるため、10,000円が正当運賃となり、差額(2,000円)の収受は行いません。
  • 4)10月1日に12月1日ご搭乗分の「IBEX45」を10,000円で購入後、11月1日に運賃額が8,000円へ値下げ。
    12月1日にご搭乗される場合
予約の変更(予約便と同一区間への変更)
  • 航空券ご購入時の運賃額が適用されるため、10,000円が正当運賃となり、差額(2,000円)の払戻しは行いません。

2.航空券ご購入後、ピーク期から通常期に搭乗日を予約変更した場合

予約変更可能な運賃で搭乗日を変更される場合、運賃額は航空券ご購入日(運賃適用基準日)において、変更後の搭乗日に設定されていた運賃額が適用されます。

  • 1)6月1日に8月1日(ピーク期)ご搭乗分の「片道運賃」を40,000円で購入後、7月1日に9月1日(通常期)へ搭乗日を変更(6月1日時点の運賃額:ピーク期40,000円・通常期37,000円)
予約の変更(予約便と同一区間への変更)
  • ご搭乗時の運賃額が適用されるため、37,000円が正当運賃となり、差額(3.000円)の払戻しをいたします。

3.コンビニ支払いをご利用の場合

コンビニに設置されているマルチメディア端末で、申込券または受付票を発行しレジにお持ちいただく場合は、端末画面に表示される運賃額が適用されます。

4.往路の航空券をご購入後、別日で復路を追加した場合

  • 1)10月1日に12月1日ご搭乗分の「片道運賃」を購入後、11月1日に12月3日のご搭乗分(復路便)を追加し、「往復運賃」に変更した場合
予約の変更(予約便と同一区間への変更)
  • 運賃適用基準日は、各便に設定されるため、追加した復路便の運賃適用基準日は11月1日になります。往路の運賃適用基準日は10月1日です。

ご質問

よくあるご質問はこちらから

ページトップへ