手荷物のお預かり

特に注意が必要な手荷物

手荷物の中には、お預け及び機内への持ち込みが禁止されているもの(危険物)、また制限されているものがございます。詳しくは国土交通省ホームページにて事前にご確認ください。


危険物の代表例はこちら(国土交通省ホームページ)


お預けおよび機内への持ち込みができないもの(例)

爆発物、花火・クラッカー、発火または引火しやすいもの(キャンプ用・家庭用ガスボンベ、ライター用燃料、スポーツ用酸素缶、漂白剤、殺虫剤・農薬)、腐食性物質、航空機・旅客ならびに搭載物に危険を及ぼす恐れのあるもの

機内への持ち込みができないもの(例)

鉄砲刀剣類、ハサミ・ナイフなどの刃物類、工具、アイススケート靴、ゴルフクラブ、バット、その他「凶器」として使用される恐れのあるもの

その他

沖縄県および奄美諸島からのサツマイモ・アサガオなど(公的に消毒されたものを除く)、沖縄県からの未検査のカンキツ類の苗木・穂木


機内持込手荷物

機内へ持ち込める手荷物は、身の回り品のほか、3辺の合計が100cm以内(45cm×35cm×20cm以内)で重量が10kgを超えないもの1個となります。また、45cm×35cm×20cmのいずれかの辺の長さを超える場合であっても、3辺の和が100cmを超えない手荷物については、機内持ち込みが可能です。
なお、上記サイズ以内の手荷物でも客室内に収納できない場合は、お預かり手荷物として貨物室に搭載させていただく場合がございますのでご了承ください。
手荷物は前の座席の下、または座席上の共用収納棚にご収納ください。
非常口座席など、緊急脱出の妨げになる場所へ手荷物を放置することは法令で禁止されています。
  • ※ 手荷物検査機にサイズを確認するゲージを装着しております。機内持込サイズを超える手荷物は、ANA手荷物カウンターにてお預けください。
    (注意)ハサミ、工具など凶器となると判断されるものやアイススケート靴、バット、ゴルフクラブ、キックボード、スキーワックス、スプレー、ナイフ類は一切持ち込みになれません。機内持込制限品を所持されているお客様は、お預けになる手荷物の中に入れていただくか、出発保安検査場に設置されている「放棄品箱」等にて廃棄をお願いいたします。
  • ※ 「電子タバコ」「無煙タバコ」については、他のお客様の快適性を損ねるおそれがあるため、機内ではご使用いただけません。

  • ※ 喫煙用ライター(オイルタンク式ライター・葉巻用ライターを除く)・安全マッチは1個機内持込できます。
    ただし、機内持込の手荷物に入れてしまうと、目の届かない場所で火災が発生する恐れがありますので、ポケット等に入れ、身につけてご搭乗ください。機内への置き忘れにご注意ください。

楽器について

壊れやすい楽器などを機内に持ち込む場合は、別途料金が必要となる場合がございます。また、座席・大きさなどに制限がございます(コントラバスは持ち込み不可)。ご予約の際、予約・案内センター(0120-686-009 年中無休 6:30-22:00)にお問い合わせください。

受託手荷物

手荷物は20kg以内かつ3辺の合計が203cm以内まで無料です。
上記を超える手荷物は重量超過手荷物料金をいただき、お預かりいたします。
お預かりできる手荷物の上限は、個数制限なし、総重量100kg、1個あたりの重量32kg以内、1個あたりの3辺の和203cm以内(サイズにはハンドル・車輪などの付属品も含む)に限ります。
なお、1個あたりの重量およびサイズ(3辺の和)を超える手荷物でも総重量100kgを超えない範囲かつ、高さ65cm x 幅105cm以内であればお預かりできる場合もございます。詳しくは予約・案内センターにお問い合わせください。

※ 搭載スペースの関係上、スキー板やサーフボード・ゴルフバックなど大きな手荷物をお預かりできない場合がございます。詳しくは予約・案内センターにお問い合わせください。

20kgを超え100kgまでの手荷物は、下記重量超過手荷物料金を申し受けます。(1kg未満は切り捨て)

超過重量

1kg〜10kg 11kg〜20kg 21kg〜30kg 以降10kg毎

全路線一律
(下記路線除く)

2,500円 3,500円 4,500円 +1,000円

福岡−宮崎線

1,500円 2,500円 3,500円 +1,000円

※ 国内線乗り継ぎのお客様は、最終目的地までの航空券をANA手荷物カウンターでご提示ください。
手荷物は最大3区間までのお預かりとなります。

お預かりする際のご注意

現金・貴重品・宝石類・有価証券・美術骨董品等の高価品、時計・カメラ・パソコン・酒類・ガラス製品等壊れやすい品はお預けになる手荷物の中に入れないでください。価格申告のない手荷物および身の回り品についての賠償限度額は、お客様一人あたり15万円までになります。実際の価格が15万円を超える場合は、従価料金制度がありますので、ご搭乗手続きの際係員にご相談ください。
なお、通常のお取扱いにおきましても過重量・過容量による手荷物破損、老朽化など手荷物固有の不具合に起因した破損、脱着式キャスター・ストラップ・フック・名札・ベルト等突起した付属品の欠損、軽微な破損(擦り傷・切り傷・へこみ・汚れ)については免責とさせていただきますのであらかじめご了承ください。

機内での電子機器使用について

※ 2014年9月1日より、機内での電子機器の使用制限が変更になります。
    詳しくは、「機内での電子機器の使用制限変更について」をご覧ください。

国土交通省の告示において定められた電子機器の航空機内での使用は、法令により禁止されています。 違反した場合は、法令により50万円以下の罰金が科されることがあります。

ドア閉鎖中は使用できない機器
(地上停止中のドア開放時は使用可)

以下機器のうち、作動時に電波を発する状態にあるもの
携帯電話、PHS、トランシーバー、無線操縦玩具、ワイヤレスヘッドホン、 ワイヤレスイヤホン、ワイヤレスマイク、電池内臓ICタグ、パーソナルコン ピュータ、携帯情報端末、ワイヤレスのPC周辺機器、電子ゲーム機、無 線通信機能付歩数計、無線通信機能付心拍測定計、無線通信機能付 腕時計、無線式キー

離着陸時に使用できない機器

上記機器のうち作動時に電波を発信しない状態(設定)にあるもの
テレビ、ラジオ、ポケットベル、GPS受信機、ビデオカメラ、ビデオプレー ヤー、DVDプレーヤー、デジタルカメラ、デジタルオーディオ機器、有線 かつ電池式ヘッドホン、有線かつ電池式イヤホン、ワードプロセッサー、 電子手帳、電子辞書、プリンター、充電器、愛玩用おもちゃ“電子ぺッ ト”(音声または接触に感応してスピーカーおよびモーターが作動する ものに限る)
※離着陸時の定義
離陸時:ドアクローズからシートベルトサイン消灯、もしくは電子機器使用禁止解除のアナウンスまで
着陸時:着陸前の電子機器使用禁止のアナウンスからドアオープンまで

・飛行機のドアが閉まり客室乗務員からのアナウンスが入りましたら、速やかに主電源をお切りください。
・お預けになる手荷物の中に電子機器を入れる場合は、あらかじめ電源をお切りください。
・ペースメーカーなど医療機器装置のお客様がご利用される場合、電子機器の使用をお控えいただくことも
 ございます。
・携帯電話をご利用される際は、周囲のお客様へのご配慮をお願いいたします。

お子様用携帯電話など注意が必要な携帯電話をお持ちのお客様

電源をOFFにしても定期的に電源がONになり位置情報などを知らせる機能がある携帯電話をお持ちの場合は、ご搭乗前に「完全電源OFF」機能を使用するか、あらかじめ設定を解除した後、主電源をお切りください。
詳しくは、「お子様用携帯電話など注意が必要な携帯電話をお持ちのお客様へ」をご覧ください。

ご予約済みの方

  • 予約確認・購入
  • 予約変更・取消
予約・案内センター
フリーダイヤル 0120-686-009
携帯電話をご利用の方
東京:03-6741-6688
大阪:06-7637-6688
仙台:022-716-6688
  • JDLはIBEXエアラインズを応援しています。

このページの先頭へ